サマータイム舐めてました。実際に体験したアメリカサマータイムの意外な落とし穴(2020年3月)

america ニュース

こんにちは、JAPANISMです。

前回紹介した通り、2020年3月8日からアメリカでサマータイムが始まりました。
サマータイムについては以下の記事で紹介していますので、まずはこちらをお読みください。

私は現在、アメリカに滞在しています。今回は特に3月8日のサマータイム初日に起きた出来事をご紹介します。いくつかトラブルも起きましたので、今後留学や出張、旅行でアメリカに滞在する予定の方のご参考になればと思います。時間が無い方のために結論から書きますね。

  • Mac,windows,Android,iPhoneは正常に動いている
  • Wifiルーター故障しました
  • 世の中のアナログ時計は時差が1時間のまま誰も直さない。(紛らわしい)
  • サマータイム開始とはいえ、朝はまだまだ外暗い(特に女性は危険です)

電子機器の影響はどうだった?

Mac製品への影響は?

私は、Mac製品ですと、Macbook, iPadmini, iPhone, Apple watchを持っています。これらはサマータイムが開始した3月8日の午前2時の後も正常に稼働していました。

Windows製品への影響は?

私は、仕事でwindowsPCを使用していますが、こちらも特に影響は無く正常に稼働していました。

Android製品への影響は?

私は、仕事でサムスンタブレットを使用していますが、こちらも特に影響は無く正常に稼働していました。

モバイルWifiルーターへの影響は?

レンタルしていたモバイルWifiルーターが故障しました。そのためホテル外でインターネットを使用することができなくなりました。故障に気付いた後、すぐにレンタル元のサポートセンターに電話しましたが、代替機が届く約4日間は故障のままでした。

前回の記事でもお伝えしましたが、やはり旅行等を計画されている方は、サマータイムの開始日と終了日(今年は2020/3/8〜2020/11/1)は避けた方が無難です。どんな電子機器に影響があるか分かりません。例えば、外でインターネットが使えないと以下の様なことができず、楽しさ半減になると思います。ご注意くださいね。

  • Google Mapなどで行きたい場所へのナビが使えない
  • 飲食店などを調べることができない
  • 意味が分からない英単語を調べられない。翻訳アプリが使えない
  • 有名な観光地で専用アプリがダウンロード/利用できない。(例えば911メモリアルの専用アプリ等)
  • Uber(アメリカで料金が比較的安い移動手段)を使うことができない

また、私の場合はホテル外でWifiルーターの故障に初めて気付きました。しかし、以下を事前に用意していたので、なんとかホテルに帰ってこれました。旅行を準備されている方はご参考ください。

✅Wifiルーターが外出先で使えなくなることを想定した対策

・滞在先のホテルの住所や電話番号を紙で印刷/メモしておく
→これとお金さえあれば、タクシーを捕まえてホテルに帰れます。インターネットが使えなくなる/スマホの電源が切れてもいい様に、紙ベースで持っておくと安心です。

・モバイルWifiルーターと合わせて携帯電話もレンタルしておく
→モバイルWifiルーターの故障をレンタル元に問い合わせる必要があります。外出先からレンタル元に電話して、その場でルーターが復旧する可能性もあるので携帯電話も持ち歩いておいた方がいいです。また、日本語対応のホテルであれば、電話すれば助けを求めることもできるでしょう。

・モバイルWifiルーターの取り扱い説明書を持ち歩いておく
→取り扱い説明書には、ルーターの復旧方法やレンタル元の問合せ先電話番号が記載されています。外出時は持ち歩く様にしましょう。

・現金/クレジットカードを持ち歩いておく
→アメリカでも日本同様ApplePayが利用できます。日頃電子マネーのみを使用する方は、インターネットが繋がらない時を想定して現金/クレジットカードを持ち歩きましょう

・SIMカードと併用しておく。
→これはWifiルーターが使えなかった時の一時的な対策ですが、「アメリカで7日間インターネット無制限」等の使い捨てSIMカードがAmazonで2000円くらいで売っています。保険として、こういうSIMカードを事前に買って持っておくのもいいかもしれません。

世の中のアナログ時計は誰も直さない。

前回の記事で、サマータイムが始まっても世の中の時計とダブルチェックすれば大丈夫と書きましたが、全然大丈夫じゃなかったです。ホテルの時計や街中のアナログ時計は8日のお昼過ぎでも、1時間の時差が生じたままでした。街中の大時計は1週間程後に修正されました。時間を確かめる方法としてオススメなのは、まずテレビ放送で写っている時間をみることです。アメリカの朝のニュース番組等では時間が表示されているため、そちらを参考に、自分の持っている電子機器やアナログ時計の時間が合っているのか1時間ズレているのかを判断してください。

サマータイムが始まっても朝はまだ暗い!

サマータイムは元々、春から秋にかけての早朝の明るい時間帯を活用することを目的として、1時間時間を早めているのが由来です。しかしアメリカの緯度が高いといっても、3月上旬の早朝(7時〜8時)はまだ暗いです。どれくらい暗いかというと、月がはっきり見えるくらいの暗さです。サマータイムが始まったことで、飲食店やスーパーの一部は開店が早まったり、バザーや市が早朝から開かれています。その辺りは電灯の明かりも多く、人も多いため、比較的安全です。しかし、そこに向かうための道中は、人通りも少なく、電灯も少ない場所が多いため、特に女性は不審者等に充分気をつけてください。移動は徒歩では無く、タクシーやUberの使用をオススメします。

最後に

今回はサマータイムの実体験をご紹介しました。今回の記事で一番お伝えしたいことは、サマータイムで電子機器は本当に壊れる可能性があるということです。アメリカ滞在中にサマータイムの開始日/終了日を跨ぐ方は、跨いだ後に、必ず自分が持っている電子機器の動作確認をオススメします。皆さんのアメリカ滞在がより良いモノになれば幸いです。

以上です。最後まで読んで頂き有難うございます。

JAPANISM